発育・目的にあわせてビタコーゲン・シリーズ。健康増進と安定経営を見守ります。発育・目的にあわせてビタコーゲン・シリーズ。健康増進と安定経営を見守ります。

ホーム > 製品ラインナップ > 豚・鶏用ビタコーゲン

ビタコーゲン子豚用ビタコーゲン子豚用

ビタコーゲン子豚用
養豚経営は、健康な子豚作りから
初生豚の下痢は養豚経営に大きな損失を与えます。ビタコーゲン『子豚用』は、微生物・野生酵母等の作用により、 消化管内で正常な発酵を維持し、腸内細菌叢のバランスを調整し消化吸収を正常な状態に保つと共に強力有効微生物の働きにより、分娩舎内(床面)の有害細菌の増殖を抑えます。

給与量

種付け~分娩時 給与飼料に2%~3%添加(重量比)
分娩後~離乳期 分娩後、直ちに散布。離乳までに2~3回散布。(1回量 約300g~500g)
餌付け~離乳までミルク内に3%~2%添加(重量比)
離乳~肥育前 給与飼料に2%~1%添加(重量比)

ネオビタコーゲンビタコーゲンクリーンアップ

ネオビタコーゲン
肥育豚・養鶏の強い味方!!
ネオビタコーゲンを飼料とともに家畜に給与することにより、 含まれる酵素と、体内で生成される分解酵素の作用等により体内での発酵がより一層促進されるのみならず、 消化吸収が充分行われ、家畜の健康維持に役立ちます。

給与量

肥育豚 給与飼料に0.5%添加(重量比)
養鶏 給与飼料に0.5%添加(重量比)

特徴特徴

ビタコーゲンを使用することによって、何が改善されるのか。こちらでご紹介いたします。

下痢、病気などの事故率の低下、ストレスの軽減

子豚の育成率のグラフ

D・G、飼料要求率のグラフ

離乳時までの初生豚にビタコーゲンを給与すると、下痢、病気などの事故率が低下することから、育生率の向上が期待できます。また、育成豚への給与は飼料効率が改善されることより、1日の増体量(D・G)の向上が期待できるとともに、飼料要求量の向上が期待できます。(長野県H養豚場、N県畜産試験場)

1日の増体量(D・G)の向上

体重110Kg出荷日齢の比較のグラフ

ビタコーゲン給与により平均出荷日齢短縮が期待できます。(N県畜産試験場)

枝肉平均枝重の比較のグラフ

ビタコーゲン給与により平均枝肉重量の増加が期待できます。(北海道A養豚場)

悪臭の低減

臭気指数のグラフ

ビタコーゲンを給与すると、発酵が促進され糞中の未消化分が減少することから、悪臭の防止が期待できます。(Y県畜産試験場)

微生物群の増加により、糞中有機物の分解が進み、ハエが寄り付く割合も少なくなります。また、ハエの産卵がしにくくなることも期待できます。

堆肥の発酵促進

現物1t換算あたりの無機化量のグラフ

ビタコーゲン給与により堆肥の発酵促進が期待できます。また 優良な堆肥が生産されるとともに、堆肥施与後土壌中の放線菌数が増加し作物の病害を防ぐことから、収穫量の増加が期待できます。(T農業試験場)

レタス苗発育調査と放線菌数のグラフ
ページトップへ↑