発育・目的にあわせてビタコーゲン・シリーズ。健康増進と安定経営を見守ります。乳牛用ビタコーゲン 発育・目的にあわせてビタコーゲン・シリーズ。健康増進と安定経営を見守ります。

ホーム > 製品ラインナップ > 乳牛用ビタコーゲン

ビタコーゲン哺育用ビタコーゲン哺育用

ビタコーゲン哺育用
子牛の健康づくり、健康管理に好評です
子牛の順調な発育は、安定経営のもっとも大切な基盤です。ビタコーゲン哺育用は、有効微生物群を精選して濃縮培養し、さらにブドウ糖に拡大培養したもの。丈夫で健康な子牛づくりをサポート。皆様から厚い信頼をいただいています。

給与量

代用乳給与中 朝夕の2回 各10グラム
導入時 1日量50gを7~10日間
1日量20~30gを10~20日間

哺乳中の子牛の健康管理

  1. 代用乳給与中、1日量20gを朝夕2回に分け、代用乳に溶かして与えてください。
  2. 下痢のひどい時、1回50gをぬるま湯300ccに溶かして3時間ごとに与え、子牛が立てるようになるまで続けてください。

導入牛の健康管理

導入の場合は、1日量50gを7~10日間程与えると、ストレスの緩和に役立ちます。

「下痢の発生率」と「呼吸器病の発生頻度」のグラフ

HI(ハイ)ビタコーゲンHI(ハイ)ビタコーゲン

HI(ハイ)ビタコーゲン
育成牛・搾乳牛はもちろん、
特に乾乳牛の健康管理におすすめします。
病気知らずで、モリモリ食べて、上質のミルクがたくさん出て。そんな乳牛の飼育に絶大なる信頼をいただいているHIビタコーゲン。
悪臭防止・完熟堆肥づくりにも大活躍します。
分娩後の乳量のグラフ

給与量

朝夕2回に分けて与えてください。

育成牛 50〜100g/日
搾乳牛 150g/日(高泌乳牛や乳量35Kg/以上には50g〜150g増量)
乾乳牛 150g/日

※トップドレスまたは給与飼料等に混合して給与してください。
※給与回数に応じて、飼料に添加してください。

特徴特徴

原材料

フスマ、米糠、木質繊維、ブドウ糖、とうもろこし、炭酸カルシウム、麦芽、
酵母菌、乳酸菌、枯草菌(納豆菌)、糸状菌

菌数・効能

分析項目 効果 効能
酵母菌数 1.0×105以上 ルーメン内微生物、腸内微生物の増殖促進
乳酸菌数 1.0×106以上 腸管機能の安定・促進(整腸作用)
耐熱性芽胞菌 1.0×106以上 有機物、特にタンパク質・でんぷん分解促進
悪臭の抑制に貢献。さらに糞中に移行し、
堆肥発酵促進
  うち枯草菌 1.0×104以上
糸状菌数 1.0×103以上 有機物、特に繊維質を分解できることが特徴
粗飼料の食い込み向上に貢献

発酵生成物(必須アミノ酸・酵素)

必須アミノ酸名 含有量
(mg/150mg)
Lys(リジン) 152.8
Val(バリン) 110.8
Leu(ロイシン) 106.7
Thr(トレオニン) 76.5
Ile(イソロイシン) 63.6
必須アミノ酸名 含有量
(mg/150mg)
Arg(アルギニン) 69.1
Phe(フェニルアラニン) 64.4
Trp(トリプトファン) 51.8
Met(メチオニン) 27.0
His(ヒスチジン) 22.3
酵素名 含有量
(U)
アミラーゼ
(でんぷん分解酵素)
1,655
プロテアーゼ
(タンパク質分解酵素)
1,455
セルラーゼ
(セルロース分解酵素)
975
乳牛におけるアミノ酸の効果
ルーメン微生物増殖向上、乳質改善、繁殖成績向上、肝機能改善

効果効果

ビタコーゲンを給与することで、以下のような効果が期待されます。

ビタコーゲン給与効果のイラスト

試験データ試験データ

公的機関で実証された、他社に負けない消化力
乾物消化率・総VFA量グラフ(24hr)

ルーメン液にビタコーゲンを添加することにより乾物消化率、総VFA量(酢酸・プロピオン酸・酪酸)が有意に増加したことが確認されました。

※日本畜産学会第117回大会発表
(市販生菌剤がルーメン微生物によるインビトロ消化・発酵特性に及ぼす効果)

TDN消化率・粗タンパク質消化率グラフ

ビタコーゲンの給与によりTDN、乾物消化率が有意に高い値を示した。

※日本畜産学会第120回大会発表
(生菌剤(ビタコーゲン)の添加が牛の飼料消化性、窒素代謝およびルーメン発酵に及ぼす効果)

ページトップへ↑